賃貸か購入かを考える

家族の状況で賃貸を決める

賃貸か購入かは家族の状況次第

不動産を選ぶときに、賃貸か購入かは家族に相談が必要です。特に転勤がある方は、購入する場合場所も選ぶ必要があります。家を買ってから、転勤になるケースも多く賃貸にする家族もいます。また、便利のいい都会から田舎に家を持ちたいと願う方もいますが、奥様は、便利がいい場所が住みやすいと思っているかもしれません。子供たちが学校に通うときは、近いほうが住みやすいです。定年近くになって、ふたりで空気がいいところに住む方もいます。ストレスなく過ごせるのが、住まいを選ぶときの一番の重要なポイントです。定年後は、家賃を考えたら買うほうが安心です。

賃貸の購入に関してのこと

賃貸の購入に関しては、正規の社員さん、つまり正社員さんなど、社会的に身分がかなり安定している場合には、銀行などの場合にも、しっかりとした会社に勤務している、正社員であるから安心だろう、ということで余程に借金などがないケースを除き、お金を貸し付けてくれることが多いです。ただ、イラストレーターさんなど不安定なお仕事の場合には、年収によっても異なってきますが、なかなか貸付は難しい、とされています。ただ、ここでもしっかりと銀行さんと話をし合い、返済する旨などがある、ということなどが出来れば、審査に通ることが出来て、賃貸を購入することが可能な場合もあります。

↑PAGE TOP